パン食にも使える鶏肉料理のレシピ「キャベツと鶏もも肉のレモン炒め」

キャベツと鶏もも肉のレモン炒め-2015.7.21パン食にも使える鶏肉料理のレシピ「キャベツと鶏もも肉のレモン炒め」です。キャベツ、鶏肉、レモン、ピーマン、にんにくを使った料理で、メインの料理として使えます。
キャベツの美味しい時季にレモンでさっぱりと。

【材料】

  • キャベツ
  • 鶏肉(もも)
  • レモン
  • ピーマン
  • にんにく
  • こしょう
  • 食用油
  • バター (又はマーガリン)
  • 酢(又はレモン果汁)

【作り方】

  1. キャベツは、1口大のざく切りにする。
  2. ピーマンは、半分に切り、種を取って1cm位に切る。
  3. にんにくは、薄切りにする。
  4. 鶏肉は、脂や筋を取り除き、1口大の薄めのそぎ切りにする。
  5. 鶏肉に塩こしょう、酒少々で下味を付けておく。
  6. レモンは、薄い輪切りにし、鶏もも肉1枚に対してレモン輪切り5、6枚を4~6等分に切っておく。
  7. フライパンに食用油とバターを熱し、ピーマン、キャベツの順に軽く炒め、別の器に取り出しておく。
  8. フライパンに油を足してにんにくの薄切りを炒め、香りが出たら、鶏肉を炒め焼きにする。
  9. 鶏肉に火が通ったら、キャベツ、ピーマンをもどし、全体を混ぜながら炒める。
  10. 塩こしょうで味を付け、酢(又はレモン果汁)を回し入れる。
  11. 火を止め、切っておいたレモンを混ぜて出来上がり。

*パン食にもどうぞ

献立のヒント(1)

献立のヒント(2)

  • 主菜:キャベツと鶏もも肉のレモン炒め
  • 副菜:新じゃがの煮ころがし
  • 副菜:ほうれん草のごま和え
  • 汁物:豆腐とわかめのみそ汁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

とっておきの料理

  1. だんだんキャベツ-1-2015.7.28

    ひき肉料理のレシピ「だんだんキャベツ」

    【材料】 キャベツ 豚ひき肉 (牛豚ひき肉でもOK) 卵 にんじん …

我が家の定番料理

  1. 我が家の鶏の唐揚げ-2016.7.12
    【材料】 鶏肉(もも肉) にんにく しょうが 酒 うまみ調味料 …
  2. 我が家のコロッケ-2016.7.12
    ひき肉料理のレシピ「我が家のコロッケ」をメインにした献立のヒントで、ほうれん草の海苔和え、きんぴらご…
  3. 我が家の酢豚(4)-2015.7.9
    彩り鮮やかな料理です。それぞれの食材の食感の違いをお楽しみ下さい。 【材料】 豚肉(…
  4. 我が家のコロッケ-2016.7.12
    ひき肉料理のレシピ「我が家のコロッケ」です。じゃがいも、玉ねぎ、牛ひき肉を使った料理で、メインの料理…
  5. 我が家のハンバーグ-2016.6.21
    【材料】 牛豚ひき肉(牛ひき肉でもOK) 玉ねぎ にんじん 卵 パ…

ある日突然大好物に!

  1. 登録されている記事はございません。

Facebook 公式ページ

晩酌のお供に

  1. 手羽先の簡単甘辛煮-2015.7.23

    お弁当やおつまみにも使える鶏肉料理のレシピ「手羽先の簡単甘辛煮」

    鶏肉料理のレシピ「手羽先の簡単甘辛煮」で、メインの料理として使えます。お弁当のおかずやおつまみにもど…
  2. 納豆の油揚げ袋詰め-2-2017.8.2

    おつまみにもなるもう一品のレシピ「納豆の油揚げ袋詰め」

    【材料】 納豆 油揚げ 長ねぎ しょうゆ 【作り方】 油…
  3. アボカドのたらこソース-2017.6.27

    アボカドのたらこソース

    【材料】 アボカド たらこ マヨネーズ レモン果汁 【作り方】 …
  4. 大根のそぼろあんかけ-2017.9.6

    おつまみにもなるもう一品のレシピ「大根のそぼろあんかけ」

    【材料】 大根 大根の葉 豚ひき肉 だし汁 食用油 めんつゆ…
  5. 長いものめかぶかけ-2017.7.21

    おつまみにもなるもう一品のレシピ「長いものめかぶかけ」

    【材料】 長いも めかぶ(味付きのもの) 【作り方】 長いもは、皮を…
  6. いかのたらこ和え-2017.10.5

    おつまみにもなるもう一品のレシピ「いかのたらこ和え」

    【材料】 いか(刺身用) たらこ 酒 ゆずの皮 【作り方】 …
  7. 野沢菜奴-2016.10.22

    野沢菜奴

    【材料】 豆腐 野沢菜漬け うまみ調味料 白ごま 七味唐辛子 …

  お酒をチェック!

ページ上部へ戻る