ひき肉料理のレシピ「和風ハンバーグ」

和風ハンバーグ-2016.8.23【材料】

  • 牛豚ひき肉(牛ひき肉でもOK)
  • 玉ねぎ
  • にんじん
  • しいたけ
  • 長ねぎ
  • パン粉
  • 牛乳
  • こしょう
  • バター
  • 食用油
  • しょうゆ
  • 片栗粉

【作り方】

  1. (牛豚ひき肉を約400g使う場合)
    玉ねぎ大半分をみじん切りにし、バターできつね色になるまで炒め、さましておく。
  2. しいたけは薄切りに、長ねぎはたてに切り込みを入れて、斜め薄切りにしておく。
  3. ボールに牛豚ひき肉(又は牛ひき肉)、にんじんのすりおろし(細めのもの3~4cm位)、炒めた玉ねぎ、塩こしょう少々、卵1個、パン粉(片手の平に山盛り2杯位)、牛乳(パン粉がすっかりしめる位)を入れ、全部混ぜ合わせ、よくこねる。
  4. 好みの大きさの小判型にまとめる。この時、よく空気を抜いておく。
  5. フライパンに油を多めに熱し、ハンバーグの種を並べる。この時、中央部を少しへこませると火の通りがよい。
  6. 中火でふたをして焼く。
  7. 片面がよい色になったら、フライ返しで返して、弱火で再びふたをして焼く。後で煮込むので、中まで火が通らなくてもよいが、まわりはしっかり焼く。
  8. 鍋にだし汁を沸騰させ、しょうゆ少々、塩、酒で吸い物より少し濃い目の汁を作る。(白だし等を水で薄めてもOK。)
  9. ハンバーグを汁の中で煮込む。
  10. 火が通ったら、しいたけ、長ねぎを入れ、一煮立ちさせたら水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がり。

*献立のヒント(1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

とっておきの料理

  1. アスパラとにんじんの豚肉巻き-2016.8.18

    豚肉料理のレシピ「アスパラとにんじんの豚肉巻き」

    【材料】 豚肉(ロース又は肩ロースの薄切り) アスパラガス(グリーンアスパラ) …

我が家の定番料理

  1. 鶏肉と長ねぎの照り煮-2016.11.15
    【材料】 鶏肉(もも肉) 長ねぎ 食用油 砂糖 しょうゆ 酒…
  2. 我が家のシュウマイ-2017.7.13
    【材料】 シュウマイの皮 豚ひき肉 長ねぎ 玉ねぎ しいたけ …
  3. 我が家の酢豚-2016.7.15
    【材料】 豚肉(ももかバラの角切り) 玉ねぎ ピーマン にんじん …
  4. 我が家の野菜たっぷりミートソース-2016.8.18
    【材料】 スパゲッティ 牛豚ひき肉(牛ひき肉でもOK) 玉ねぎ にんじん…
  5. 我が家のコロッケ-2016.7.12
    ひき肉料理「我が家のコロッケ」をメインにした献立のヒントで、ほうれん草の海苔和え、きんぴらごぼう、豆…

ある日突然大好物に!

  1. 登録されている記事はございません。

Facebook 公式ページ

晩酌のお供に

  1. セロリといかのくんせいの和え物-2015.7.22

    おつまみにもなるもう一品のレシピ「セロリといかのくんせいの和え物」

    おつまみにもなるもう一品のレシピ「セロリといかのくんせいの和え物」です。セロリのシャキシャキ感といか…
  2. 砂肝とキャベツの塩炒め-2017.9.13

    おつまみにもなる鶏肉料理のレシピ「砂肝とキャベツの塩炒め」

    【材料】 砂肝 キャベツ 長ねぎ 食用油 塩 こしょう …
  3. 我が家のシュウマイ-2017.7.13

    お弁当のおかず、おつまみにもなるひき肉料理のレシピ「我が家のシュウマイ」

    【材料】 シュウマイの皮 豚ひき肉 長ねぎ 玉ねぎ しいたけ …
  4. 蒸しシュウマイ-2015.7.30

    おつまみにもなるひき肉料理のレシピ「蒸しシュウマイ」

    キャベツの上にシュウマイをのせて蒸しますので、やわらかくなったキャベツも一緒に美味しくいただけます。…
  5. れんこんのはさみ焼き

    れんこんのはさみ焼き

    【材料】 れんこん 豚ひき肉 しいたけ 長ねぎ しょうが 卵…
  6. 手羽先の簡単甘辛煮-2015.7.23

    お弁当やおつまみにも使える鶏肉料理「手羽先の簡単甘辛煮」のレシピ

    鶏肉料理「手羽先の簡単甘辛煮」で、メインの料理として使えます。お弁当のおかずやおつまみにもどうぞ。 …
  7. あじの酢〆-2017.8.7

    おつまみにもなる魚介料理のレシピ「あじの酢〆」

    【材料】 あじ(刺身用) 大根 にんじん かいわれ大根 玉ねぎ …

  お酒をチェック!

ページ上部へ戻る